モッピー!お金がたまるポイントサイト


2009年01月02日

2009年を「いい年」にする玩具 タカラトミー『縁起もの ダルマ&招き猫』

エコソーラーシリーズ 縁起もの ダルマ 必勝祈願

エコソーラーシリーズ 縁起もの ダルマ 必勝祈願

「縁起もの」といったら必勝祈願の「ダルマ」や金運上昇の「招き猫」が定番だ。そんな「縁起もの」と「ソーラーパワー」を合体させた 「癒し系」のキャラクター玩具が登場した。

それがタカラトミーのエコソーラーシリーズの「縁起もの」だ。「縁起もの」は、「ダルマ」と「招き猫」の2種。 それぞれカラーバリエーションはが3パターンあり、カラーごとにその御利益がことなる。

サイズは、W6.6センチ×D6.6センチの手のひらサイズで、机の上やお店の入り口など、 場所を選ばず飾って楽しむことができるコンパクトサイズだ。

しかも、「ダルマ」は達磨所縁の地、東京都調布市にある深大寺で「必勝祈願」「学業成就」「健康祈願」を、そして「招き猫」 は招き猫発祥の地、東京都台東区にある今戸神社に「家内安全」「金運上昇」「厄除」を全商品ご祈願・ご祈祷してもらっているとのこと。 タカラトミーのHPでは、その祈願・ご祈祷の様子が動画で見ることができる。

太陽の光を浴びてゆらゆら揺れる「縁起もの」シリーズで2009年を笑顔で福を招くハッピー生活をおくるというのはいかがだろう。

Amazon.co.jp
>>タカラトミー 「縁起もの」シリーズ

2009年01月01日

「通販生活Amazonで見つけたもの」12月記事ランキング

新年あけましておめでとうございます。

今年は、どんな新商品が登場してくるのでしょうか?楽しみですね。
12月の記事ランキングをまとめてみました。まだ、読んでいない記事がありましたら、 どうぞご覧下さい。

1.電池駆動でどこにでも置ける!デジタルフォトフレーム『デジポッド/ミッキーマウス』
電源が不要なタイプは、置き場所が限定されません!

2.新価格の 『HP 2133 Mini-Note PC』でお手軽に「高木藤丸」気分!?
ブラディマンデーにも登場!仕上げの良さは、ネットブックPCで1番!

3.ついにThinkPadのレノボからもネットブックPCが登場! その名は『IdeaPad S10e』
フラットブラックのカラーは登場しないのでしょうかね。

4.EeePCシリーズで最大の液晶サイズ& 大容量HDDを搭載した最新モデル『1000H-X』 イー・モバのセット販売が開始!
ネットブックPCといったらEeePC。次々と新型を投入中!

5.部屋の中でドリフト走行が楽しめる 『ドリフトパッケージライト』
R/Cでもドリフトが決まれば気分爽快!動画を見ればわかります。

6.SSD仕様のネットブックPCの外付けストレージにも最適! 超小型のマイクロUSBメモリー『RMUMシリーズ』
このUSBはアイディア次第でいろいろな使い道がありそうですね。

7.ライトダウン伝説を疑似体験! ?『セガ 東京タワー2007』
クリスマス・ツリーの変わりにもなりそうな?光る「東京タワー」です。

8.人に気づかれずに時刻を知る! バイブレーション搭載『G-SHOCK サイレンサー(GW-400J-1JF)』
携帯電話ではお馴染みのバイブレーション。時計にもあれば便利ですよね。

9.操作するだけでなく改造も楽しそうな二足歩行ロボット 『Omnibot17μ i-SOBOT ブラックバージョン』
ロボットの進化は、めざましいものがありますね。

10.「萌え系」「セクシー系」 「ツンデレ」「ニャンコ」で癒し効果!?エポック社のPC接続型ダーツボード『PC-DARTS』
流行のダーツの練習に打ってつけですね。

2008年12月25日

全世界22都市をマス目にした『モノポリーワールドエディション』に日本の首都「東京」が選定!

モノポリーワールドエディション

モノポリーワールドエディション

交渉力と運で相手を破産させて富の独占(モノポリー)を目指す、地上げ屋的ボードゲーム「モノポリー」。 1935年にアメリカで誕生し、103カ国37言語で販売され、2億セット以上の全世界累計販売数を誇る、 世界中で愛されているボードゲームだ。

そんな「モノポリー」の最新作が「モノポリーヒアアンドナウ:ワールドエディション」だ。「モノポリーワールドエディション」は、 世界500万人以上のモノポリーファン投票により選ばれた世界の22都市がマス目に掲載されたモノポリー史上初のワールドワイド版。

その22都市の一つとして日本の首都「東京」がマス目として選ばれた。「東京」のマス目には、「富士山」「桜」「新幹線」 「東京タワー」がデザインされている。

そのほか「モノポリーワールドエディション」の新しい特徴として、アジア大陸は相撲力士、アフリカ大陸はサファリ帽、 北アメリカは野球グローブなどそれぞれの大陸をイメージしたコマを採用。

また、盤上の家やホテルは、世界の有名建築物をイメージしていたり、従来の水道会社、電力会社に代わり、 地球にやさしい風力や太陽エネルギーを使用している。

もうすぐお正月・・・「モノポリーワールドエディション」で家族や仲間と世界中の都市を地上げしまくるというのは、 気分がいいかもしれない。

Amazon.co.jp
>>タカラトミー モノポリー シリーズ

2008年12月24日

「面倒がらず」「手抜きをしない」真面目なお掃除ロボット『iRobot Roomba (アイロボット ルンバ)570』

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 570 57006

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 570 57006

米国・アイロボット社が最先端のロボット知能を搭載し、ロボットならではの高い清掃能力と機能性をもった自動掃除機「ルンバ」は、 「家庭用ロボット」という新たな市場を生み出した。

円盤のような本体の真ん中にあるスイッチを押すだけで「ルンバ」は行動を開始。各種センサーの働きで掃除する部屋の形状、広さ、 汚れ具合を判断し、もっとも適した走行パターンと稼働時間を計算しながら、部屋中をきれいにしていく。


YouTube「iRobot Roomba 560 official video demo」

同じ所を何度も往復しているルンバを見て「故障?」と勘違いしそうだがゴミセンサーがきれいになったと判断すれば、その場所を離れる。 異なった角度から繰り返し丹念に掃除することで隠れたゴミまで取りきるため、同じポイントを平均で4回走行するとのことだ。

「ルンバ」のクリーニングシステムは、壁際や部屋のコーナーなどのゴミを前方にかきだす「エッジクリーニングブラシ」。 絨毯には毎分1000回転のメインブラシ、フローリングには毎分1600回転のフレキシブルブラシを自動的に変化させゴミをかきこむ 「デュアルパワーブラシ」。わずか1ミリ幅の吸引口が床面に密着しブラシで取りきれなかった繊細なホコリを吸いとる「密着ワイパー型吸引口」 の3つの作業を同時に行うパワフルなシステムで掃除を行う。

稼働は、家庭用電源から充電したバッテリー。CLEANモードでの掃除タイムは最大1時間程度。 なんと電気代は1時間1円というお手軽さだ。しかも掃除が完了、またはバッテリー残量が少なくなったときは、 赤外線通信で充電コネクターをサーチし、自分で戻って充電を開始する。

直径34cm、高さ9.2cmのコンパクトなサイズは、ベッドなどのホコリがたまりやすい家具の下や、 ダイニングチェアーの脚の間など手が届きにくい場所など潜り込んですみずみまできれいに掃除してくれる。

人間というのは、以外にいい加減なもの。面倒がらず、手抜きをしない「ルンバ」。その直向さを見ていると、 ただ床を掃除するだけの機械でありながら本当の友だちのように思えてくるかもしれない。

Amazon.co.jp
>>iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ

2008年12月22日

16連射の夢をもう一度!あの懐かしの連射測定器付時計『シューティングウォッチ』が復活!

シューティングウォッチ(Amazon.co.jpオリジナル「シュウォッチ着せ替えシール: 高橋名人の冒険島Ver」同梱)

シューティングウォッチ(Amazon.co.jpオリジナル「シュウォッチ着せ替えシール:高橋名人の冒険島Ver」同梱)

ファミコンが大ブームだった1987年に発売され100万個が販売されたハドソンの連射測定器付時計「シューティングウォッチ」、 通称「シュウォッチ」。シューティングゲームが大流行していた時代、小中学生の間で高速連射の練習は欠かせないものとなっていた。

昨年、復刻版を限定販売されたが品質が不十分とのことで全品予約取り消しの自体になった。あれから1年が経過し、 オリジナルと同じデザイン、機能で満を持しての復刻版が再登場した。

「シュウォッチ」は、10秒間の間に何回連射出来るかを測定するという実にシンプルな連射測定器。10秒の間に160回連射できれば、 1秒間あたり16回連射!あの一斉を風靡し、子どもたちのヒーローとなった高橋名人の得意技となるわけだ。

そのほか、「ストップウォッチ機能」「時刻表示アジャスト機能」や特定の連射回数を達成するとプレイできる「シークレットモード」 も復活。同梱の「着せ替えパネルシール」に張り替えることにより、デザインをアレンジすることもできる。

20年の時を経て復活した懐かしの連射測定器「シューティングウォッチ」。
連射測定という単純なことなのだけれどもの、やってみれば意外に夢中になるもの。


YouTube「高橋名人の16SHOT TV 【シュウォッチ】Vol.25」

ハドソンでは部長クラスとなった高橋名人も連射は12回まで減ってしまったようだ。 往年のファミコン通もあの頃を思い出しながら連射測定をして、実力の衰え具合を体感してみるのはいかがだろう。

Amazon.co.jp
>>シューティングウォッチ(Amazon.co.jpオリジナル「シュウォッチ着せ替えシール: 高橋名人の冒険島Ver」同梱)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。