モッピー!お金がたまるポイントサイト


2009年01月07日

相手にたいする怒り具合を金額で表示してくれるお手軽ツール!『慰謝料電卓』

慰謝料電卓(いしゃりょうでんたく)

慰謝料電卓(いしゃりょうでんたく)

パワハラやセクハラまでいかなくても社会生活を営むうえで、相手にたいする怒りや不満を感じることは多いが、 それを解消する方法はなかなかないものだ。

そんな人間関係の怒りや不満をプチ解消するツールが登場した。それがウィズの「こよい兄弟」シリーズ第1弾商品「慰謝料電卓」だ。

「慰謝料電卓」は、いろいろなシチュエーションの不満や怒りを金額とオマケで表現して楽しむ電卓機能付き玩具。慰謝料計算のしかたは、 年齢や性別など自分のプロフィルを設定し、恋人や家族、取引先など9つから請求相手を選択。

「結婚したい」「顔も見たくない」など相手への現在の感情と、「信じて損した」「くだらないメール・電話」など怒りの原因を選び、 その後に精神的ダメージボタンを感情のまま連打し決定キーを押すと、独自の計算式で慰謝料をはじき出す。

加えて、「ビール」「エステ」「ごちそう」などちょっとだけ嬉しくなるアイテムも1つ表示される。過去の慰謝料履歴を確認できるほか、 表示された金額をその場で書いて楽しめる「請求書メモシート」も付属されている。

「慰謝料電卓」は、恋人や友達、上司との関係など自分の怒りや不満を手軽に、そして定量的に把握する初めてのツールではないだろうか。 「慰謝料電卓」は、ストレスが溜まりやすい現代社会には必須のアイテムかもしれない。

Amazon.co.jp
>>慰謝料電卓(いしゃりょうでんたく)

2009年01月06日

ROCKな魂を揺さぶるギターヘッド型ポーチ『ギターヘッドポーチ Fタイプ』

shin&company ギターヘッド型 おしゃれポーチ[CODE:0062637]

shin&company ギターヘッド型 おしゃれポーチ[CODE:0062637]

「LOVE&PEACE」をテーマに一貫してROCKしているモノ創りを続けているShin&Company (シンアンドカンパニー)からロック好きな人なら「オッ!?」と感じるポーチが登場した。

それがギターヘッド型デザインがポイントの『ギターヘッドポーチ』だ。上の写真は、「ギターヘッドポーチFタイプ」。 ジャンルを問わず数々の有名ミュージシャンが愛用したストラトタイプのリアリティー溢れるギターヘッドデザインの一品だ。裏側は、 もちろん木目、ファスナーのチャームもギターピックになっていて細部までこだわりを感じる作りだ。

そのほか、世界中の人々から愛されているリヴァプールの超有名バンドで有名なリッケンタイプの「ギターヘッドポーチRタイプ」。 ヘッドのロゴや弦はプリントではなく刺繍で再現。そして、「LOVE PEACE」のロゴが良い感じのレスポールタイプの 「ギターヘッドポーチGタイプ」の全部で3種類が用意されている。

素材はP.Uでサイズは、約10cm×22cm×2cm。手ごろな大きさなのでコスメはもちろんペンケースとしてもご利用したり、 デジタル音楽プレイヤーなどを入れてガンガンと持ち歩きロックを聴きまくるのも良さそうだ。

キッチュでファンキーでHIPなシンアンドカンパニーの「ギターヘッドポーチ」シリーズは、ロック大好きっ子の魂を揺さぶる、 おすすめのポーチだ。

Amazon.co.jp
>>shin&company ギターヘッド型 おしゃれポーチ[CODE:0062637]

2009年01月05日

デジタル漬けの日常生活をアナログな『テーブルサッカー』ゲームで活性化!

天然木製サッカーゲーム

天然木製サッカーゲーム

映画のワンシーンにも登場する「テーブルサッカー」。 75cm×140cm程度のテーブルに人形の付いた棒をくるくる回して遊ぶサッカーゲームだ。

ヨーロッパとアメリカを中心に世界中で楽しまれていて、アメリカでは「フーズボール(Foosball)」と呼ばれている。毎年、 世界大会も開かれており、日本にも「日本テーブルサッカー協会(JTSF)」がある。


YouTube「Tony Spredeman at the 2008 US Open」

この電気を一切使わないテーブルサッカーは、発祥や諸説もいろいろあるようだが、 サッカー選手のオフシーズンに勝負感を衰えさせないように、ゲーム性を加えたリハビリ機器であったと言われている。 特にハンドアイコーディネーション(手と目の連携動作)が活性化されるという。

アナログでスピード感、駆け引き、スポーツ性が高い「テーブルサッカー」。コンピュータをはじめとするハイテク産業、プロバイダー、 ゲームソフト開発会社など、多くのIT企業に設置されているとのことだ。

デジタル漬けな日常生活のなかで、アナログな「テーブルサッカー」 のエキサイティングなゲームでストレス発散というのも良いのではないだろうか。

Amazon.co.jp
>>天然木製サッカーゲーム

2009年01月04日

時間を「知る」のではなく、「感じる」時計『NOOKA(ヌーカ) ZUB20 ZENH GLOW』

NOOKA (ヌーカ) 腕時計 ZUB20 ZENH glow ZUB20 ZENH GL

NOOKA (ヌーカ) 腕時計 ZUB20 ZENH glow ZUB20 ZENH GL

普段、時刻を知るには数字をとおして認識している。その方法は、 数字を直接表示するデジタルや二本の針で数字を指し示すアナログの2種類だ。

しかし、それらとはまったく異なる方法で時刻を表示する時計が存在する。それが、「ニューヨーク」と「オオサカ(大阪)」との造語で、 クリエイターのグローバルな美意識を表わしたブランドの「Nooka」という時計だ。

「Nooka(ヌーカ)」という名前は、古代のAmararunk thuh語で「未来は現在」という意味を持ち、 主に直線や点で構成された文字盤で、時間の経過を目盛りが増えていくことによって表現した、 抽象的でありながらも独創的なデザインの非常に斬新な時計だ。

その表現方法は、1997年にアメリカ人デザイナー、マシュー・ ワールドマンが時間の表現手段の乏しさをロンドンのホテルの大きな柱時計を眺めながらからひらめき、考案し、誕生した。

そのデザインは、ニューヨークのMoMA Design Store、Barneys New York, Flight001などで扱われるとともに、毎年開催されるGenArt賞の2005年アクセサリー部門でノミネートされるほどだ。


YouTube「Nooka Extra Dimensional National Video」

そんな「Nooka」から、暗闇で発行する蓄光ラバーを使用したグローモデルが「NOOKA(ヌーカ) ZUB20 ZENH GLOW」だ。人気のZENHフェイスを採用し、時刻の表示は、4本の水平バーから構成。上のメーターから時1-6、時7-12、 分1-59、秒1-59をゲージで時刻を表現している。

時間が経過すると目盛りが増えていく「NOOKA(ヌーカ) ZUB20 ZENH GLOW」は、まさに時間を「知る」のではなく、 「感じる」腕時計だ。この抽象的な表現方法に一度慣れてしまうと、 今までのスタンダードなアナログやデジタル時計の時間表示に決して戻ることができないかもしれない。

Amazon.co.jp
>>Nooka(ヌーカ)腕時計シリーズ

タグ:時計 NOOKA
2009年01月03日

はいて歩けくだけでお腹が引き締まる下着『CROSS WALKER』

【ワコール】BROS メンズクロスウォーカー(ノーマルタイプ) (M, BE)

【ワコール】BROS メンズクロスウォーカー(ノーマルタイプ) (M, BE)

お正月、ついつい食べ過ぎてお腹まわりが・・・。しかし、運動しようと思っても「寒くて・・・」 ついついお酒ばかりに手がのびる日々を送ってないだろうか。

そんなメタボなお正月を送った人にオススメなのが、普段の何気ない動作で筋肉を鍛えてくれるワコールの「CROSS WALKER (クロスウォーカー)」だ。

「クロスウォーカー」は、“はいて歩くことで、お腹がひきしまる”男性用の下着だ。
独自のクロス構造が、歩くたびに太ももの筋肉に適度なテンションを与え、歩幅が自然と広がって筋肉を鍛えてくれるのだ。

機能性だけでなく、立体成型パターンの採用や、こだわりの素材を使用することでデザイン性も追求した新しいメンズインナーだ。

“歩く”という動作をエクササイズに変える技術は、面倒さがなく、特別に時間をさかなくても良いので大歓迎だ。

お正月休みが終わったら、「クロスウォーカー」をはいて、「歩いて通勤」というのはいかがだろう。 こうしたなるべく手軽に運動ができるアイテムがもっとたくさんでてくるといいですね。

Amazon.co.jp
>>【ワコール】BROS メンズクロスウォーカー(ノーマルタイプ) (M, BE)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。