モッピー!お金がたまるポイントサイト


2008年11月11日

デジカメの新標準機能!?プリンター付きデジタルカメラ『xiao(シャオ)TIP-521』

タカラトミー xiao TIP-521-MR マリーン

タカラトミー xiao TIP-521-MR マリーン

フイルムからデジタルへ移行し、撮影枚数や撮った写真をすぐに確認できるという手軽さの面では、カメラは大きく進歩した。

けれども、写真は「撮る」ときより「見る」ときのほうが楽しいもの。なぜならその瞬間を記録した写真は、その場で見て、 その場にいる人とシェアすることで楽しめるからではないだろうか。

そんな写真の「楽しさ」をとことん追求した画期的なカメラが登場した。それがタカラトミーのプリンター付きデジタルカメラ「xiao (シャオ)TIP-521」だ。

xiao(シャオ)は、インク不要で撮ったその場でプリントできるプリンター付きのデジタルカメラだ。

米国のZeroink(TM)技術により誕生したインク不要のZINK紙を使用。 専用のフォトペーパーは約5×7.5cmのカードサイズで、裏面はシール加工がしてあり、 剥離紙をはがせばシールとしても楽しむことができる。

カメラ部有効画素数は500万画素、撮影素子は1/2.5型CMOSイメージセンサーを搭載。記録画素数は、2560×1920、 2048×1536、640×480の3モードから選択できる。 レンズは焦点距離が35mmフィルム換算39mm相当の固定焦点レンズを採用、デジタルズームは4倍までだ。

プリント機能は、撮影した画像を2/4/8/16/32/64に分割してプリントすることができる「マルチ機能」 や撮影した写真を白黒・セピア・ネガ・カットアウト・モザイク・スタンプの6種類に変換する「エフェクト機能」、 あらかじめ用意された5種類のフレームに写真をあてはめてることができるフレーム機能など6種類のプリント・編集機能が搭載されている。

そのほか、他のデジタルカメラや携帯電話から写真を送信してプリントする赤外線受信に対応している。

写実性や芸術性、記録性などさまざまな魅力をもった「カメラ」。ハイスペック競争ではなく、楽しさ・ 便利という切り口でカメラがもつエンターテインメント性に注目したところが新しい発想だ。

持ち運びできるサイズのプリンター付カメラ「xiao」は、思い出をその場で分かち合える機能を持つことにより、 新たなコミュニケーションツールとなっていくのかもしれない。

いま、デジタルカメラに必要な機能はプリンター。これからのデジカメはプリントまでできることが常識となっていくかもしれませんね。

Amazon.co.jp
>>タカラトミー xiao TIP-521-MR マリーン

2008年11月04日

iPodもPCも1万円ちょっとで高音質に!Creative『GigaWorks T20 Series II』

Creative GigaWorks T20 Series II 2.0ch スピーカー GW-T20-II

Creative GigaWorks T20 Series II 2.0ch スピーカー GW-T20-II

今やオーディオはiPod、TV&動画はPCという時代。高出力のアンプと大きなスピーカーで音を聞くというのは過去の時代となり、 高音質な「音」にふれる機会というのは少ないのではないだろうか。

そうした中、1万円ちょっとでバランスの良いクリアなサウンドが楽しめるスピーカーシステムが登場した。

それがコストパフォーマンスが良く邪魔にならないサイズの高音質ステレオスピーカー「GigaWorks T20 Series II」だ。

「GigaWorks T20 Series II」は、2006年6月に発売され、 その高音質とパフォーマンスが世界中で絶賛され数々の賞を受賞した「GigaWorks T20」をベースに、 より優れた内部パーツの採用や筐体設計の見直し、最適化を施したモニタークオリティを実現したスピーカーだ。

グラスファイバーコーンの中低音域ドライバーと布製ドームツィーターからなる2ウェイドライバー構成。 スピーカー内部から音場への音波の流れを作り出すように音響学的にデザインされ、明瞭な低音域を再生する「BasXPort」 テクノロジーを搭載する。

外観は、ブラックカラー・フィニッシュによる高級感あふれるスタイリッシュなデザイン。バス、トレブル、ボリューム、 そしてヘッドフォン出力やAUX入力をフロントパネルに搭載し、手元で簡単に音量や音質を調整できる便利なフロントアクセスを採用している。

この分野の製品では、BOSEが一番良いことは、周知の事実。「GigaWorks T20 Series II」は、 BOSEとは異なり、高音の伸びや、自然で忠実な中低音域などアコースティック系の再生に向いたスピーカーに仕上がっている。

iPod をつないで部屋で聴いたり、PC用スピーカーとして共用する場合に便利なスピーカーだ。 家でiPodやパソコンの音がイマイチ・・・と感じている人なら、1万円ちょっとの「GigaWorks T20 Series II」で 「良い音」浸ってみるのはどうだろう。

Amazon.co.jp
>>Creative GigaWorks T20 Series II 2.0ch スピーカー GW-T20-II

2008年10月08日

1、2の3でビタッと簡単取り付け!SONY カーナビ『nav-u NV-U3V』

SONY パーソナルナビゲーションシステム ブラック NV-U3V/B

SONY パーソナルナビゲーションシステム ブラック NV-U3V/B

車にカーナビというのはあたりまえの時代だ。けれどもカーナビを後から取り付けるのは、素人ではとてもじゃないが手に負えない代物。 というわけでまだ取り付けていない人も多いのかもしれない。

そんな人におすすめなのがSONYのポータブルカーナビ「nav-u NV-U3V」だ。

「nav-u NV-U3V」は、ダッシュボードに「ピタッと吸盤」をピタッと取り付け、本体をカチッと装着。 あとはシガー電源コードを接続するだけという簡単取り付けのカーナビだ。お店で買ったその日の帰り道から、 高性能なカーナビによる楽しいカーライフを始めることができる。

簡単取り付けを可能にしたのは、「ピタッと吸盤」だ。吸盤部にゲルを採用し、空気を抜いてロックする機構によって強力に吸着。 ほこりが付着しても簡単な手入れで吸着力が戻る。

操作はすべてタッチパネル。画面をなぞるだけで操作できる「ジェスチャーコマンド」で、地図の縮尺変更、自宅への帰路設定、 登録したお気に入りポイントの呼び出しなどが瞬時に可能だ。

しかも、バッテリー内蔵だから、ドライブ前に部屋で目的地を設定したり、 車を降りた後の駐車場から目的地までの徒歩用地図としても活用できる。

SONY独自の高性能測位システム「POSITION plus G」や道路幅・建物の形状まで表現できる市街詳細地図、 「グルメぴあ」「ゴルフ場情報」「全国立ち寄り温泉200」といった豊富なガイド情報も本体内に収録。
取り付けが簡単でありながら妥協のないナビ機能をもったカーナビだ。

車だけでなく徒歩でも使える多機能さがポータブルナビの魅力だ。防水対策を工夫すればバイクなどでも使用が可能かもしれない。

これからのカーナビは、バッテリーでの駆動時間がポイント。
現在は2〜3時間の駆動時間なのだが、長時間の駆動が可能となれば、さらに新しい使い方ができるのではないだろうか。

Amazon.co.jp
>>SONY パーソナルナビゲーションシステム ブラック NV-U3V/B

2008年10月07日

こだわりの本革張りコードレス電話機『amadana PT-308』

amadana アマダナ コードレス 電話機 ブラック PT-308-BK

amadana アマダナ コードレス 電話機 ブラック PT-308-BK

固定回線の電話機の置き場所というのは、電話回線のジャックの場所に合わせて決まってしまうことが多い。

部屋の間取りや家具のレイアウトなどを決める時に、電話機のアダプタやモジュラーケーブルなどに気をつかうのは、とても面倒なものだ。

そんな煩わしさを解消してくれる電話機が、amadana(アマダナ)のコードレス電話機「PT-308」だ。

PT-308は、電話線を接続する親機と、通話の為の子機(受話機)が分かれたセパレートタイプのコードレス電話機。 コンパクトな親機は目立たない場所へ、通話用の子機は使いやすい好きな場所へすっきりと設置することができる。

デザインはアマダナらしい角を基調としたジャパニーズ・モダン。持ったときに手に触れる受話器の背面部分には本革を使用し、 充電台への収納は前面(操作面)、背面(本革面)のどちらでも可能だ。

親機1台に対し子機は最大4機まで接続可能。IP電話対応や「携帯電話の着信音」「ドアホンの音」「 キャッチホンの音」など、 電話を切るきっかけを与えてくれる迷惑電話回避機能というユニークな機能も搭載されている。

コードレス電話機の親機は、滅多に使わない場合が多いものだ。
置き場所に困らないレイアウトフリーと設置する場所によって好みの佇まいの演出する「PT-308」。
そんな実際の使われ方やニーズを満足させる発想を持った製品というのは、ほかにも沢山考えられそうですね。

Amazon.co.jp
>>amadana アマダナ コードレス 電話機 ブラック PT-308-BK

タグ:PT-308 amadana
2008年09月29日

iPodをメインオーディオに変える『amadana デスクトップオーディオ2』

amadana アマダナ デスクトップオーディオ2 ブラック AD-203-BK

amadana アマダナ デスクトップオーディオ2 ブラック AD-203-BK

いつでもどこでも手軽に音楽を楽しめるコンパクトオーディオ「iPod」。
そんなiPodをリビングやベットサイドといったパーソナルライフでメインのオーディオとしても使えるデスクトップオーディオが登場した。

それが「amadana ディスクトップオーディオ2 AD-203」だ。
今どきの家電では珍しいキッチとした角をもつ長方体にCD、iPod、 スピーカーと各機能のユニットを積層したイメージで独特の佇まいと美しさを表現。

スイッチ部の繊細なへアーライン仕上げのアルミと表示部のアクリル、 本体側面の無垢材などアマダナの世界観を強調した異素材のコンビネーションデザインに仕上がっている。

独自に開発をしたバスレフ型スピーカーユニットに、上質なサウンドを再生する「MAC」(マルチアコースティックコンパス)を採用。
独自設計のDSP(デジタルシグナルプロセッサー)により無理な音の強調を加工をすることなく、 歪みがなく癖の無い聞き触りのやさしい音質のサウンドを再生する。

沢山のお気に入りの音楽をコンパクトボディに格納することができるiPod。
iPodにつめこんだ音楽を部屋中に空気のように満たすことができるデザイン家電「amadana ディスクトップオーディオ2」は、 インテリアとしてもパーソナルライフとしてもベストな組み合わせではないだろうか。

Amazon.co.jp
>>amadana アマダナ デスクトップオーディオ2 ブラック AD-203-BK

2008年09月25日

SONY独自の高音質技術が満載の新型ウォークマン『NW-S739F』

SONY ウォークマン Sシリーズ FM付 NC機能搭載<メモリータイプ> 16GB ピンク NW-S739F/PI

SONY ウォークマン Sシリーズ FM付 NC機能搭載<メモリータイプ> 16GB ピンク NW-S739F/PI

10月11日に新型ウォークマン Sシリーズ 3機種が発売される。
その中で上位機種のNW-S730は、「クリアオーディオテクノロジー」をふんだんに搭載した携帯オーディオプレーヤーだ。

その一番の特徴は、なんといっても進化した3つのモードの「ノイズキャンセリング機能」の搭載だろう。

本体のスイッチを切り替えることで周囲の騒音を約1/4に低減する「ノイズキャンセリング」機能に加え、 別売の録音ケーブルがあれば飛行機内で視聴できる映画や音楽など外部入力機器からの音声にノイズキャンセルをかけるモードや音楽再生時以外でもノイズキャンセル効果を利用して周囲の騒音を低減できる耳栓のような機能の 「サイレント」モードが追加された。

また、新規設計のオーディオ回路によりホワイトノイズを極小化。 従来のノイズキャンセリング搭載機種より約9dB(0.1mW出力時)ノイズレベルを改善している。

付属のヘッドホンは、ソニーのEXモニターヘッドホン「MDR-EX90SL」 と同じ大口径13.5mmのドライバーユニットを採用したカナル型ヘッドホン。L/R(左/右)のチャンネルの混在を抑制し、 本来のL/Rの音をヘッドホンに届ける「クリアステレオ」により、クリアで臨場感のあるサウンドを実現するなど高品位な作りとなっている。

新たに追加された再生可能な音楽ファイルは、WMVとauの「着うたフル」を再生できるLISMO。 ウォークマンとして初めてビデオのポッドキャストにも対応している。

再生機能についても気分や雰囲気、時間帯にあわせて音楽をシャッフル再生する「おまかせチャンネル」や好みの音質に調整できる 「5バンドイコライザ」、臨場感を6つのモードから選べる「バーチャルホンテクノロジー(VPT)」などかなり充実している。

カラーバリエーションは、レッド/ゴールド/ブラック/ピンクの4色を用意。 高級感があるヘアライン加工を施した厚さ7.5mmの薄型アルミニウムボディと本体カラーにあわせてメニュー画面のテーマ変更したり、 写真を壁紙にするなど、カスタマイズを楽しめる仕様となっている。

小さなボディに高音質技術と多くの機能を満載した「ウォークマン Sシリーズ」は、 さすがSONYといった感じの製品ではないだろうか。

Amazon.co.jp
>>SONY ウォークマン Sシリーズ FM付 NC機能搭載<メモリータイプ> 16GB ピンク NW-S739F/PI

2008年09月12日

「さわる、惚れる」厚さ15mmの世界最薄モデルSONY『サイバーショットDSC-T77』

ソニー デジタルカメラ Cybershot T77 ブラウン DSC-T77/T

ソニー デジタルカメラ Cybershot T77 (1010万画素/光学x4/3.0型タッチパネル液晶) ブラウン DSC-T77/T

ソニーから光学式手ブレ補正搭載モデルとして世界最薄を実現したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-T77」 が発売された。

岡田准一が甘い声で「さわる、惚れる」とささやくCMのあのデジカメだ。

↓YouTube「サイバーショットCM 岡田准一」

「サイバーショットDSC-T77」は、 スーパースリムをコンセプトに従来モデル同様、 スライドカバーを備えながら93.6×15×57.2mmという本体サイズ。
最薄部の奥行きは13.9mmで、光学式手ブレ補正搭載のデジタルスチルカメラとしては世界最薄のデジカメだ。

これは、新開発の手ブレ補正機構内蔵レンズにより、 これまで困難とされていた光学式手ブレ補正機能搭載と本体の薄型化が両立したという。
有効1010万画素のSuper HAD CCDを搭載。 最大記録解像度は3,648×2,736ピクセルで映像エンジンにはBIONZを搭載している。

レンズは、カールツァイスVario-Tesserの光学4倍ズーム。焦点距離は35〜140mm、開放F値はF3.5〜4.6、 感度はISO80〜3200である。
マクロモードの最短撮影距離は広角端で8cm、望遠端で50cm。拡大鏡モードでは1cmだ。
液晶モニターはタッチパネル式の約23万ドットの3型ワイドを搭載する。

そのほかAFとズームが可能となった「スマイルシャッター」やカメラが自動的にシーンモードを判断する「おまかせシーン認識」など、 誰もがカメラまかせで簡単にきれいな写真を撮影できる最新機能が搭載されている。

本体色はシルバー、ブラック、ピンク、ブラウン、グリーンの4色が用意され自分らしさで選べるカラバリとなってる。 かさばらずに手軽に持ち運べるというのは、デジカメにとって一番重要なことではないだろうか。

「サイバーショットDSC-T77」の「スリムでカラフル」なデザインは、これからのコンパクトデジカメは「ファッション」 だと主張しているように思う。

Amazon.co.jp
>>ソニー デジタルカメラ Cybershot T77 ブラウン DSC-T77/T

タグ:SONY デジカメ
2008年09月11日

これまでで最も薄くエレガントなアップル 新型『ipod nano』

Apple iPod nano 8GB オレンジ

Apple iPod nano 8GB オレンジ

アップルから新しい第四世代の「iPod nano(アイポッドナノ)」が発表された。

新しいiPod nanoは、これまでで最も薄い厚さ6.2mm。 アルミニウムとガラスを曲面に仕上げたエレガントなデザインが特徴だ。

シルバー、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ、イエロー、ピンク、ブラック、 そしてプロダクト仕様のレッドと鮮やかな9色が用意され、第3世代とくらべてカラバリが豊富だ。ただ、アップルといえば「ホワイト」 のイメージがあるが、新しいiPodにもホワイトの設定がないのが残念だ。

そのほかワンクリックでミュージックライブラリの中から相性のよい曲を選んでプレイリストを自動的に作成するGenius (ジーニアス)テクノロジーや加速度センサーを搭載し、回転させると自動的にCover Flowに切り替わったり、 本体を軽くシェイクすることでShuffle(シャッフル)モードになるなどユーザインターフェイスが一層洗練されたものに仕上がっている。

液晶のスペックは第3世代と同様だが縦長に変わっている。ビデオ再生時は本体を横にしなければならない。 バッテリーについても大きなスペックの変更はなかったようだ。1回の充電で音楽なら最大24時間、ビデオなら最大4時間の再生が可能だ。

しかし、第4世代のiPod nanoの一番の変更点は、なんといってもメモリー容量アップではないだろうか。 第3世代と比べて2倍の8GBと16GBの容量がある。容量に余裕があれば、より多くの曲やビデオなどの保存が可能であるし、 転送レートを低圧縮な設定として、より高音質で楽しむこともできるだろう。

音楽をもっとカラフルに。色だけではない、iPod nanoの鮮やかな魅力の数々。
ここしばらくは「iPod nano」が世界で最も人気のあるミュージックプレーヤーであることには間違いない。

Amazon.co.jp
>>Apple iPod nano 8GB オレンジ

タグ:ipod
2008年08月31日

口パク系USBガジェット『ミスタージョーンズのTENGU』

ソリッドアライアンス ミスタージョーンズのTENGU TENGU-01

ソリッドアライアンス ミスタージョーンズのTENGU TENGU-01

USB接続するデバイスでありながらまったくPCに関係のないガジェットというところが珍しいのでご紹介。

それがソリッドアライアンス「ミスタージョーンズのTENGU」だ。

TENGUは、PCのUSBポートに接続すると、赤色LEDの「顔」が現れ、周囲の音に反応して表情が変わるというガジェット。
話し掛けたり音楽を聴かせたりすると、TENGUがそれに合わせてひたすら話したり歌ったりしてくれるが、 本体自体は音をまったく発しないのでいわゆる「口パク」なガジェットである。

しばらく音がなくなるとTENGUは眠ってしまうのだが、マイクに息を吹きかけることで目覚めて表情もさまざまに変化!する。
実際の動きは下のYouTubeの動画を見てもらうとよくわかる。

ちなみに製品説明では、「ミスタージョーンズのTENGU」 をこんな方におすすめしている。

1.TENGU動画を連続で全て見ていただいた方 (興味度100% 迷わずGO!)
2.新しいお友だちがほしい方 (きっとTENGUとは、ベストフレンドになれる!)
3.誰かと一緒に思いっきり歌いたい方 (音楽に合わせて動く口はリアル!)
4.ペットは飼えないけど、ペットが欲しい方 (きっとペットよりも忠実!)
5.あらゆるキャラクターに飽きた方 (TENGUは、今までにないキャラクター!)
6.寂しがり屋の方 (一緒にいて本当に退屈しません!)

TENGUのような直接的に何かに役立つものではないが、見ているだけで何となく楽しくなったり、何かを感じるガジェット。 こういったものを「芸術作品」と呼ぶのではないだろうか。
こういうデジタルな楽しい芸術作品はたくさん出てきて欲しいものですね。

Amazon.co.jp
>>ソリッドアライアンス ミスタージョーンズのTENGU TENGU-01

タグ:USB
2008年08月30日

天然原木を使った手工芸的!携帯スピーカー『I.dear Woodスピーカー』

I.dear WOODSPEAKER 1.5W 4900359

I.dear WOODSPEAKER 1.5W 4900359

デジタル製品と言えば、プラスチックや金属で出来た製品がほとんどだ。 そんな中で天然原木を使用した手工芸的ともいえるデジタル製品が登場した。

それがI.dear(アイディアー)の「Woodスピーカー 1.5W 4900359」だ。

「I.dear Woodスピーカー」は、高級家具に使用される南米の天然木を使用した外枠の携帯スピーカーだ。
iPodなどのデジタルオーディオ機器はもちろんのこと、ノートPC、ニンテンドーDSなど、 付属のオーディオケーブルが接続できる機器であれば気軽に音楽が楽しむことができる。

これまでの携帯スピーカーは、本体のオーディオ機器の出力だけに頼ったものが多く、音量や音質に満足できないものが多い。
しかし「I.dear Woodスピーカー」は、2センチ四方の超小型サイズながらパワーアンプと充電式バッテリーを搭載しおり、 木製の本体もあいまって、他の製品とは比べものにならないくらいに十分な音量とやさしい音質を出力できる。

充電は、付属のUSBジェンダーを使って、パソコンなどのUSB端子に接続して行う。
2時間のフル充電で5時間の再生が可能だ。内蔵充電池は3.7Vのリチウムポリマータイプ、アンプ出力は1.5Wだ。

ウッドスピーカーを2個用意して市販のステレオケーブルでつなぎ、ステレオで楽しむのも良いのではいだろうか。

デジタル製品に木を使う発想は、古くて新しい感じがする。アナログの時代の電化製品は、 デザイン的にも木をうまく使っていたように思う。

大昔のラジオやテレビの外枠。オーディオでは、スピーカー本体のほとんどが木製、アンプやデッキなどにも部分的に木を使い、 高級感や室内の家具との調和をうまくとっていたものだ。

電気製品に木を使ったデザインというのは、もっと考えられないものだろうか。
家具調家電というのは、日本人には受けると思うのだが・・・

Amazon.co.jp
>>I.dear WOODSPEAKER 1.5W 4900359

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。